青汁 不味い 大麦若葉

大麦若葉入り青汁は不味いの?

青汁を飲む女性

青汁の主原料は?

青汁の主原料は販売当初においてキャベツの一種となるケールを使用していましたが、このケールには豊富な栄養素が含まれている反面、独特の苦味や香りなどがあるためエグみをだしてしまうのが問題です。

 

発売当初から飲んでみたことがある人は分かりますが、青汁が不味いというイメージが定着したのはこのケールが問題で、例え健康的だとしても大人でも遠慮してしまうほどきついものがあります。

 

当初こそそれでも人気はありましたが、やはり誰もが飲めるようにするためにはケールを外す必要があり、代わりに緑黄色野菜や淡色野菜に加えて主原料となるものが必要となります。

 

大麦若葉の栄養素

そこで考えられたのがイネ科の植物となる大麦若葉で、ケールほど優秀というわけではありませんが、両者を比較してみても栄養素の類で遜色はなく、ケールほどクセの強さはないので弱点を補いつつ利用できるようになっています。

 

当然ながら不味いものを毎日のように飲むのは拷問にも似たものですが、大場若菜は青臭さは若干残りますが昔のものほど酷いエグみはありません。

 

実際に飲んでみなければ分からないものですが、毎日の飲み続けるのも苦労するというほどの問題もないので、場合によっては大人だけでなく子供でも飲めるはずです。

 

さらに最近では、大場若菜を主原料として各種の野菜に加え、甘味となる果物を含めてフルーツ青汁として販売されていて、誰もが飲みやすい甘い青汁が販売されています。

 

他にも蜂蜜や糖分の多いものが加えられていたり、独特の臭みを消すように改良されていることから、昔のようにとても不味い飲み物としてのイメージは払拭されつつあります。

 

大場若菜にはクセの強さはほとんどないので、自分でジュースなどと混ぜて飲めば十分にカモフラージュすることも可能です。